読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代が4ヶ月で結婚した話、しちゃうね。

スピード婚のためのメソッド

アラフォーで結婚できない人の特徴

アラフォーで結婚できない人の特徴


ワタシの周りのアラフォーで結婚できない人の特徴で
最大にして最強の特徴が

 

「頑固」

 

、、、だと思います。

 


超絶美人でオシャレで気が利いて、、、の友人も、
最後のところが頑固

 

ああやっぱりね、っていう人も
なぜあの子が?っていう人も
やっぱり頑固が共通点。


先日、私の友人がお見合いした、お相手の男性。
会話中、こともあろうに何度も、指を鼻に突っ込むという奇態をとる人で、
友人は、無いなーと思った勢いで


「鼻、気になりますか?ティッシュで鼻をかんではどうですか?」と告げたそうで。
(それはそれで、なかなかヤルな!なのですが)

 

お相手の男性は堂々と
「昔からの癖なんです」と、のたまい、
悪癖の認識はあるも、コレは止められないときっぱり言い放ったそうな。

 

人にはいろいろな癖がありますが、
「エブリタイム鼻くそほじる俺を愛してくれ」って
「フォーエバー鼻くそほじりをやめるつもりはない」って

 

これも一つの頑固だな、と。
鼻くそは、表面の薄皮一枚の事象であって、
コイツの本体は「頑固」であること間違いなし。。。

 

そしてその友人は、
次のお見合いで「長く伸びた小指の爪で、歯の隙間をシーシーする男」に出会い
同じく「トイレで歯ブラシしてきてはどうですか?」と告げたそうで。
(もう2度目だと、任務のような気持ちか?)

 

またもや
お相手の男性は堂々と
「小指の爪の方が便利なので、切るつもりはない」と、のたまったそうな。。。

 

2人とも、鼻くそと爪フロス以外は、全然問題ない男性とのこと。


頑固が治るのかどうかわからないけど、、
頑固は結婚を遠ざけるのは、、間違いないような気がしています。

 

 

40代 婚活市場での価値

40代 婚活市場での価値

 

それは極めてゼロに近いと
痛感したのであります。

 

男性の女性に対するセグメント項目は、
年齢ぐらいしかない
その年齢は、ほとんどが39止まりって
知ってますよね?
知らなくても薄々気付いてましたよね?

 

ワタシは、ネットでの相手探しにさほど抵抗がなく、
割と昔から、その手のサイトを利用していました。
これまで、サイトを通じて付き合った方も複数います。
会って食事して、という方の数は相当な数になりそうです。


登録すれば、
30代の女性ならびっくりする数の申し込みがあると思います。
もちろんサイトにもよりますし、
地域性や時期にもよるので、断定はできませんが。

 

男性からの申し込みの数は、
30代なら35-36歳までは、緩やかに申し込み数は下降し、
30後半で明らかな目減り、
40代に入ると、選べるほどの数は来なくなります。

 

50代後半 バツ2です。可愛いっすね。一目惚れっす。
60代半ば 妻に先立たれました。子供も成人しております。
40代   見た目は20代と言われます

 

みたいなのの含有量が極端に増えるのです。
っていうか、
そうじゃない私たちが「普通の人」と呼んでいる、
「素晴らしい人」たちからのエントリーが減っているのです。


なんで?
なんでこのワタシが?
ワタシ、フルタイムで管理職やってて仕事もデキる。
いつもキレイですね!若い!って言われて、
40代に見られたことなんて一度も無いし、
お料理だって、フレンチのあのシェフに習っててバッチリ
週末はヨガ。あと皇居ランのサークルに入ってる。
英会話だってできる。
このワタシがナゼ???

 

って、ワタシの心の叫びじゃぁないですよ。
みんな40代の美しき我が同胞達は打ちのめされるワケです。
サイトの出会いに。

 

ロクナヤツイナイ!

と。

 

サイトのメリットは、条件でセグメントできること。
ワタシ達が、年収のバーでアッサリぶった切るのと同時に
彼らは年齢のバーで、
美しく賢く本当は慎ましいワタシ達を、ぶった切るのです。

 

残念ながら年齢は皆に平等です。

 

先ず、自分の市場価値をしっかり理解しましょう。

 

自分は何点だと思いますか?
はい、それに昨日も出てきた係数0.7を掛けましょう。

 

ワタシは、そんなに美人じゃないけど、
ブスってこともないし、
彼氏だって、何年か前だけど居たんだし。
70点かな?

 

はい、70×0.7=49
ざっくり50点です。

 

自分は、そんなもんだ、
と思って取り組みましょう。

 

ワタシもショッボイ点を自認して
取り組みました。

40代の婚活はORで0.7。

40代の婚活はORで0.7

 

結婚相談所の面談が1ヶ月先になったので、
とりあえずワタシは、大手検索サイトが運営するお見合いサービスの登録着手。

 

この手のサイトに登録するのは初めてではなかったので
抵抗なくポチポチポチポチと進めました。

 

ここで必ずでてくるのがお相手への条件です。
年収は1,000万以上と書きたいですか?
800万ですか?
500万?

 

人それぞれの希望はあると思います。

 

当時外資系の金融グループで働いていたワタシは、
ワタシより1円でもいいから高い人、、、というのがこれまでの条件でした。
もちろん、そういう方はいます。

 

年齢はできれば3歳上ぐらいまで、、、。
もちろん、十分います。

 

身長は平均以上は、、、。
もちろん、たくさんいます。

 

タバコは吸わない、お酒は飲めないよりは飲める方がいい、
バツイチokだけど、子持ちはちょっと、、、
とにかく普通の人。普通でいいの。

 

これ、AND条件ですからね。

 

外資系金融クラスの給料
年齢44歳以下
身長172以上
子ども無し
タバコNG

の、普通の人。


探せばいるにはいるけど、
じゃぁ、この人に提供できる、41歳のワタシのバリューって
なんだ?

 

ワタシを選ぶ理由ってなんだ?

 

選ばれるワケないな。
ってか、検索に、引っかからない
40オーバー。

 

アラフォーは、OR条件で探さないとダメです。
きっぱり。

 

そしてタイトルの0.7。

これは希望年収に掛ける係数。

1,000万希望なら700万

800万希望なら560万

 

この係数を掛けた数字を希望年収欄に入て
私の婚活はスタートしました。

 

 

 

 

 

iPadから送信

母との最期の会話

母との最期の会話

 

私は41歳のときお見合いで結婚しました。
母を脳梗塞で亡くしたのは、その5年前、私が36歳、母が61歳のとき。
母は倒れて1か月で亡くなってしまいました。
意識が不安定な中、母とハッキリした最期の会話は


「今ね夢をみてたんだよ。あなたが結婚して女の子を産む夢。きっと正夢になるね」


私はいろいろな思いがこみ上げ、涙でキチンと返事もできませんでしたが、
これが母との最期の会話になりました。


生前の母の口癖は「あなたは何でもできるのに、結婚だけできないね」
何でもできる娘。
もちろん親バカですが、何でもできると母親に言われれば嬉しいものです。
結婚だって、何でもできるワタシならすぐにできちゃうよ、
なんて軽い気持ちでいたものです。


しかし、現実はそうは行きません。
勉強のように、自分でやればやった分、というわけにいかず
ダイエットのように、努力と我慢で、というわけにいかず
相手がいることはとても難しいものです。
年齢を重ねれば重ねるほど、難しいものです。

 

41歳で、お見合い結婚。
主人と初めて会った日から4か月でスピード結婚しました。

 

夫はとても優しく、実は内緒ですが、毎日感謝の気持ちで一杯です。
毎日が驚くほど穏やかな気持ちで過ごせています。
もちろん、独身時代の方がヨカッタなーなんて思うこともありますよ。
でもね、穏やかで平和で、幸せです。

 

母にこの気持ちがどんなにステキなものか、伝えたかったです。

 

ほんの少しのコツ
ほんの少しの切り替え
そして、決意
この3つで「結婚」することができました。

 

このブログで伝えられたら、と思っています。


いつも夫には素っ気なくしたり、わがまま放題してしまうので、
こうやって文字にすると、感謝と同時に反省しきり、、です。

41歳!婚活開始

41歳!婚活開始


彼の元を去り、シェアハウスに移住したワタシの命題は
ガールズトークでも、20代女子の相談役でもなく、
兎にも角にも結婚

 

「結婚」をするために彼と別れたのです。
結婚しないなら、あの部屋で彼と一緒に暮らしていれば良かったわけで。
仲も良かった。尊敬もしていた。苦しいこともあったけど楽しかった。
なにせ、彼が好きだったんだから。

 

でもね、

ワタシは彼じゃなく「結婚」を選択した。

 

さぁ、どうやって「結婚」するのか。
結婚は1人でできない。まずは相手が必要で。
そうなると相手探しが最初のミッション。

 

合コン・紹介は40過ぎると滅多にありません。
誰でもイイ訳じゃないし・・・。

 

そうだ結婚相談所へ行こう

 

ってか、もうコレしかないという気持ちで、
まずはネット検索。
サクっと辿り着いたのは、たまたまやっていた、
大手結婚相談所と大手検索サイトが運営するお見合いサービスの
合同キャンペーン。

 

その内容は、
結婚相談所へ入会面談に来ていただいたお客さま全員に、
検索サイト運営のお見合いサイトが
今日から1か月無料でご利用いただけますよ、というもの。

 

お見合いサイトのおまけも手伝って、ココに決ーめた。ポチ。
間口は広く!っていう気持ちもね。

 

相談所の面談希望日時とワタシの基本的な情報をピコピコ打って、送信

翌日早速、結婚相談所からの電話。

 

面談希望日ですが、土日が少々込み合ってまして、
来月の3週目以降になってしまいます、とのこと。

 

え?そーなの?ま、いいけど。
と、そのときは何も思わなかったけど、
あれこれ後から考えると、
40代のパイは後回し、、、、だったのかな?とも思え。


そんなこんなで、まずは、
某大手検索サイトのお見合いサービスを利用することに。


今日は結婚!結婚!!結婚!!!と書きまくったけど、
結婚したい人は「結婚する」って、
改めて心に決めるといいんじゃないかなーと思います。

 

たぶんできたらいいな、じゃダメで、
する、って決めるって、結婚だけじゃなく
どんな小さなことでも大事ですよね?

 

今日は部屋の掃除できたらいいなー
って、たぶんできない。
今日は部屋の掃除する!
って決めないとできない。

 

しかも、する!って決めて
動かないとできない。

 

【今日憶える方程式】
する!って決める+行動=できる

シェアハウスでの不思議な体験

シェアハウスでの不思議な体験

 

シェアハウス、20代の可愛い女の子がいっぱい住んでいて、
毎日リビングでガールズトーク
週末は美味しいワインでパーティー三昧。

 

あくまで勝手なイメージではあるが、こんなとこ住めるんか?
と、おっかなびっくりで入居。


シェアハウス運営会社の人には、
40歳の方と30代後半の方も入居予定ですよ。
心配なさらなくて大丈夫です。
と言われたものの・・・。
総勢8名、新規オープンのシェアハウス。
残りの半数以上は20代でしょ?

 

不安で不安で不安で・・・。
でも、もう前に進むしかなく、


だってワタシは「結婚」を選択したんだから
ここは仮住まいだから
すぐに寿退去するんだから

と、強く言い聞かせ入居。

 

なんと、入居したら、40代の人なんて居ないし!
1人34歳だけど、6人が20代だし!
すっかり運営会社の人に騙されたわけですが、

 

でもね、
押しつぶされそうになっていた不安は
数日でどこかへ消えてしまっていました。

 

リビングのガールズトーク
ときどきワイン
いつもお菓子
毎日パーティー!はないけど、
思い付きでみんなでたこ焼きしたり、パンを焼いてみたり

 

ワタシはすっかり「みんなのお姉さん」
相談役に定着。

 

そこで感じたのは
いつの時代もツールやアイテムは変われども、
迷いや悩みは不変ということ

 

そしてタイトルの「不思議な体験」というのは
全員が、別々のキャリア、別々のパーソナリティなのに、
悩みを聞いていると昔の自分を見ているように感じることが何度もありました。

 

仕事の悩み、恋愛の悩み、人間関係の悩み、、、
あー、昔、同じこと悩んでたなーワタシも・・・って。
それぞれ皆の中に、昔の自分が見えるのです。
昔のワタシと話しているように感じるのです。

 

シェアでの話はまた書くと思います。
本当に楽しくて、楽しくて。

 

ヤバい。
楽しすぎて「命題」をわすれそう・・・。

 

そんなシェア生活でした。

40代なのに、シェアハウスに住むことにした話

40代なのに、シェアハウスに住むことにした話


結婚前に付き合っていた人とは長く、
6年一緒にいました。

 

途中新築マンションを買い(彼が 笑)
一緒に暮らし、マンションの総会には揃って出席。
ほぼ事実婚でした。

 

あー結婚するのかなーって思って、思って、思って、、、
そのまま何年か経っちゃいました。

 

ある日、
色々あったにはあったのですが
彼からこんな宣告を受けます。

 

結婚するつもりもないし、子どもも持つつもりもない。
このままここに居てもいいし、結婚や出産を望むなら出て行ってもいい。

 

文字にすると何とまぁ勝手な。。。

 

40女が受けた衝撃、
ヒツゼツツクシガタイとはこの事でした。

 

そして、悩んで悩んで悩んで悩んだ末、ワタシが選んだのは
結婚と可能であれば、の出産

 

そして向かった先が
シェアハウスなのでした。

 

なぜシェアハウスだったのか?

理由は、ここからまた独り暮らし用の小さい部屋で、独り暮らし用の家具家電に囲まれるのは絶対辛い、、っていうか、これからどうなるかわからないのに今更そんなにお金使いたくないし、が本音。

 

で、家具もついてる住まいサービスアパートメントを検索し、
サービスアパートメントより、お手軽なシェアハウスを知り、
見学、契約、彼の元を去ることになりました。

 

サラっと書いたけど、
何リットル、何日泣いたか。。。