読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代が4ヶ月で結婚した話、しちゃうね。

スピード婚のためのメソッド

結婚相手と価値観

結婚相手と価値観

「価値観が同じ人であれば」、、というアレの話。
そう。ワタシも絶対に合わないとムリ!って思ってました。


そもそも価値観って、どの程度のことまで言うんでしょうね。
それこそ、モノサシのメモリがメートル単位の人もいれば、
ナノの人もいて、

どこまでのレベルのことまでぴったり価値観が合わないと、
「この人とは合わない」になっちゃうのか?


ともあれ、
ワタシは夫と全然価値観が合いません
結婚後に気づいたワケじゃなく、
結婚前に気づいてました。

我慢しろ!という話じゃないですよ。

例えば外食。
ワタシは美味しいものをステキなお店へ行って食べるのがスキ
でも、夫(当時はまだ彼)は、スキじゃないみたい。

今までだったら、
え?連れてってくれないの?
そんな人、ムリ。


って、この男と付き合いもしなかっただろうな、と思います。
でも、ふと気持ちが切り替わって、

「外食」イコール美味しいものをステキなお店で食べることがスキならば、
独りで行っても、友だちと行ってもイイじゃん?って。

そう思ったんです。
急に霧が晴れたような気持ちになったことを
憶えています。

 

年齢ゆえ、でしょうね。
美味しいものを独りでだって食べに行ける。
行きたいお店に一緒に行ってくれる友達もいる。


若いときの彼氏になら、
ステキなお店をささっと予約してくれて、
パパッとエスコートしてくれて、
ちゃちゃっとお会計してくれる、、、
そんなのを期待していましたが、

ソレって外食がスキなんじゃなくて、
わかりやすく「大切にされてる感」を感じたい自己満足なだけよね?

夫にするなら、
ステキなレストランなんて知らない、
無駄遣いしない男の方がイイじゃん、って。

そういう切り替えが
重要だし、デキるのがアラフォーかもね。

相手がクーポンだしたら、
無駄遣いしない倹約家の夫になると思って
ガッツポーズですよ。